横浜FCと横浜FCと横浜FCとあと横浜FCなんかに関して書いたり書かなかったりします。ほかの事を書くこともあります。
by naminos
<   2004年 11月 ( 59 )   > この月の画像一覧
十三日間日本一周 drive07 2nd day 駅前にて
関門橋を越えるとすぐに高速は北九州方面へ分岐した。もう22時を過ぎようとしていたが、この辺りに来ると割りと交通量が多くなってきた。ナビ上では北九州市に入るあたりだ。街の明かりが見えてくる。思った以上に大きな街で少々驚く。
思えば地元を出てから鳥取島根山口と来て名古屋辺りを高速で抜ける以外はあまり大きな街はなかったし、夜景で見るとより一層大きく見える。港の規模は大きいのでそれもまた規模を大きく感じさせる要因なのかもしれない。ともかく、思っていたよりも大きな街だったのは確かだ。

しばらく北九州の東側を高速で抜ける。若松のICは街の西側に位置する。北九州という街は、中央部を大きな河が通り、東西に二分されていて、いくつかの橋がそれらを繋いでいるような構造になっている。見たところ東側の方が栄えているようだ。若松側はどちらかというと郊外といった感じのたたずまいである。

ICから一般道へ出てすぐに若松駅があった。22時30分ごろ駅前に到着した。あまり大きくない駅だがロータリーのようなものはあるし、駐車場もあった。まだ深夜には早い時間なので、人通りもそれなりにある。またすぐ先のメイン通りは結構交通量があった。

ひとまず到着した旨をメールする。しばらくして返事。

篠田>着いたの?マジで?
俺>マジ。つーか今どこ?
篠田>家だよー

・・・・。んー。とりあえず北九州まで来たし、このまま先進もうかなー。少し迷ったが、とりあえず返事を。

俺>駅までどのぐらいかかる?
篠田>駅まではすぐだよ
俺>じゃ待ってるから。10分ぐらいで着く?
篠田>まだ支度してないよー

・・・・・!。えーっと。んーっと。思えばまだ飯食ってなかったなあ。うーむ。女にこんなに悩まされたのは久しぶりかもしれない。それにしても眠いな。湯田の仮眠の効果はもう切れてしまったらしい。

俺>とりあえずクルマで仮眠とってるから、駅についたらメールか電話くれ
篠田>うんーわかったー

とりあえず来るってことか。まーいい。俺は寝る。眠りたい。







目覚めるとすでに日付は変わっていた。着信履歴はない。とりあえずメールしてみる。

俺>今起きた。もう来てる?
篠田>まだ家だよー。ねー本当に会うの?

・・・・・。朝までこのまま寝るか・・・・。

俺>いや会いたくないなら俺は夜のうちに福岡行くだけなんだけども
篠田>私はいいんだけど、会うと後悔するかもよ?
俺>そんなの会ってみないとわからんだろに
篠田>絶対後悔するって
俺>イヤならイヤとはっきり言ってくれたら俺だって無理にとは言わないってば。どうすんの。来るのか来ないのか
篠田>とりあえず行く
俺>じゃ待ってる。駅まで着いたら電話して。どのぐらいで来る?
篠田>10分ぐらい

支度はできていたらしい。しかし、チャットの時は気軽に会う会う言ってたのにいざとなるとこのガードの固さとは。少し意外に思いながらしばしすっかり人気のなくなった駅前で彼女を待った。

よく会話は交わしていたが、実のところ本人についての詳しいことを知っていたわけではない。チャットで本人が言っていることはだいたい聞いて(読んで)いたが、個人チャットはあまりやっていなかったので、表向きの篠田(仮名)というキャラについてしか知らないのかもしれなかった。
写真はもらって見ていたのでたぶんわかるだろうし、ケータイもあるので待ち合わせはあまり気にしてなかったのだが、こんな展開になるとは予想外だった。
正直、篠田という人物には惹かれていた。何しろ発想が面白い。俺の考え付かないところで発想する人間のようで、何気ない会話の一つ一つが面白かった。確かに一般常識や学校で習うような知識は疑わしいところが大いにあるのだが、そんなものよりもっと面白いことを多く彼女は知っていたし、学校の成績(当時は学生ではないが)は、他のチャットメンバーや本人の話を聞く限りではけしてよくはなかったらしいが、そんなお仕着せの価値基準では測れない独特の知能の高さを感じていたのだった。
なので本人にはぜひ会ってみたいと思っていたのだ。

本当に10分ほどしてメールが着信した。

篠田>駅前だけど
俺>どの辺?俺は北側のロータリーの駐車場だけど。紺のワゴン
篠田>北側ってどっち?

たまらず電話を入れた

「もしもし?」
『もしもし。』
「いまどこ?駅のどっち側?」
『本当に会うの?』
「まだ言ってるのかー。ここまで来て会わずに帰れるか」

後にして思えば「会いに来た」わけじゃなかったな。俺って嘘つき。ついでといえばついでだった。ただまあ用が無ければこの駅までは来なかったので会いに来たと言ってもあながち嘘ではないか。

『ほんとに後悔するからやめたほうがいいよマジで』
「そんなこと言われると怖くなるな」
『今なら間に合うよまだ』
「しかしどう後悔するか試してみたい気はする」
『知らないよ。ほんとに』
「で、どこにいるの今」
『駐輪場の方』
「駐輪場?どこだそれは。今駐車場なんだけどどっちの方?」
『わからない。○○駐輪場って書いてある』

あたりを見回すがそれがどこかわからない。この位置からは見えないようだ。電話を繋いだまま車から降りる。会話をしながら駅舎の角を曲がると、少し先に駐輪場らしいものがある。が、人影は無い。

「駐輪場はあった。どこにいるの?」
『近く』
「んー?」

駐輪場の前までいくとその正面に路地があって、彼女はそこにいた。

「いた」
『いたね』

僕たちは電話を切った。

つづく
b0060919_2501822.jpg

[PR]
by naminos | 2004-11-30 16:18 | 連載
伊藤園アロマブレンド
b0060919_1372735.jpg

伊藤園の自販機が近くにあまりないのでなかなか買えないが、こいつも美味い。
[PR]
by naminos | 2004-11-30 13:07
アンテナ
b0060919_10562631.gif

[PR]
by naminos | 2004-11-29 10:56 | 画像
サンタ、大いに悩む
11月も明日で終わり。もう12月に入ってしまう。サンタ、大いに悩んでいます。
本人希望は天体望遠鏡。顕微鏡は?と聞くと、それわからないけどそれも欲しいと。何でもいいんかい。望遠鏡もピンキリなので必ずしも安くはないな。安い望遠鏡はあるんだけど、結局何も見えないまま壊れたのでは話にならん。前述の通り50mm以上で1万円までがポイントだろうなあ。幼児のプレゼントに1万円はちょっと張りすぎとは思うが、普段一緒にいないので少しでも埋め合わせできたらなと思う。財布さえ許せば3万か4万の反射式とか買ってやりたいところだがそれはさすがに苦しい。望遠鏡は上げてもあまり使わずじまいの可能性が高いからだ。本当に興味をもって自分でバンバン月を見ちゃうようになってくれたら安い買い物だが、年に1、2度しか使わないようであれば、もっと使いでのあるモノもあるのだ。
ただ、彼は俺の書いた本を持っているし、そこには天体観測の話も乗っている。そこから興味を持っているのであれば、使わずじまいということはないだろうなあ。

その対抗馬はないか。例えばゲーム。今は俺がおいてきたPSしかなく、新しいゲームはみんなPS2なのでいつも寂しい思いをさせている。筐体も小さくなったことだし、ここは少し奮発してPS2でも買ってやろうかとも考える。予算はもちろんオーバーしているがなんとかしよう。ソフトは1本ぐらいしかつけられないが。
あるいはニンテンドーDS。CMでバンバンやっている新商品が手に入ったら、きっと喜ぶだろう。彼は割とミーハーだから。PSPでもいいがソフトがどうかな。DSだとGBAソフトが使えるので、最初からあそびがいがあるのもポイントだ。
が、俺のGBAを渡してあるので、どうしてもってものじゃない。

レンジャーやライダーのグッズは欲しがるが、来年小学校の彼にはちょっと遅いんじゃないかと思うんだな。もう卒業な感じだろう。ゾイドなんかは自分で作るものだし(彼はあのぐらい問題なく組み立てるだろう)、いいんじゃないかと思う。結構でかいので迫力あるし、今のはモーターで歩くしね。あとぶっちゃけ安い。しかし望遠鏡の対抗馬には役者不足だろう。

となると天体望遠鏡かPS2かというところ。天体望遠鏡に価値を見出せるのであれば、予算的にもいいんだがなあ。ああ、難しい。

夏ごろには人生ゲームが欲しいという話も聞いたが。どうなんだろう。
[PR]
by naminos | 2004-11-29 09:30 | ガジェット
入れ替え戦
J1昇格とJ2降格というまったく価値の異なるものを賭けて死力を尽くして戦うJリーグ最大の?戦い入れ替え戦の今年のチャレンジャーとディフェンダーが決定した。

J2からは最終戦で4位山形に見事に勝利したアビスパ福岡が昇格にチャレンジする。

そしてJ1からはセレッソ大阪とのサバイバルに負けていけにえにささげられる柏レイソルが最後の生き残りを賭けてコロシアムに向かうことに決定した。

福岡VS柏

J2住人としては別にJ2だからといって恥じて欲しくはないが、それでは昇格降格の意味がない。双方死力を尽くしていただけたらよいです。もともとJ2のチームと違って、J1から降格すると一気に廃れて球団運営のピンチに陥り、勢いJ2でも下位クラスに甘んじてしまうとうケースが実際にある以上は、J1チームにとって降格は死活問題なのでありますな。

ですが個人的には九州の試合は無理なので、関東で試合が増えるほうがいいです。しかも聖地日立台で横浜FCの試合が見られるなんてこんなすばらしいことはないので、がんばれ福岡。

それで鳥栖がどうにかなってしまうことにならないほうがいいけど、もしなってしまったら九州のJ2の試合がまったくなくなってしまうので、球団運営の負担や選手の負担が少しは軽減できるのかもしれないなとは思うけど、それはあんまりよろしいことではない。というか九州や札幌のチームは遠征が半分以上なわけで大変だなあ、えらいなあと思いました。
[PR]
by naminos | 2004-11-29 03:45 | 横浜FC
十三日間日本一周 drive06 2nd day 九州上陸
俺>マジ。つーか今もう山口だよ

返事>山口ってよくわかんない

俺>近くじゃん

とは言うものの、隣の県じゃよく知らなくてもしょうがないな。神奈川に住んでて静岡の話をされて「よくわからない」と言っても別におかしなことはないはず。遠くから来ているとその辺の感覚が大雑把になってしまうのかもしれない。

返事>本当に来るの?ネタだと思ってた

おい。

俺>いや、無理にとは言わないけどな。都合悪ければ一気に福岡まで行くだけよ

返事>何時ごろ着く?

俺>9時か10時ぐらいかな。どこまで行けばいいかわからないけど

返事>若松って駅わかる?

俺>ナビあるから大丈夫。とりあえず向かうわ

洗車も済んだのでナビを北九州に設定してスタンドを出た。相手はイキツケのIRCチャンネルの常連で、当時はよく話をしていた。俺が知る上でもっとも天才的な女の子の一人である。仮に篠田さん(仮名)としておこう。
何も出発してからいきなりメールをしたわけではなく、計画の初期段階から「全国ぐるっと回るんだけど北九州もよろうかな」「いいよー、来て来てー」などと話はしていたのだ。のだが、さすがは天才である。人の話はロク聞いちゃいなかったのだな。とほほ。
このまま福岡まで抜けてしまおうかなと思ったが、北九州という街は見てみたかったし、なにより篠田嬢の実物に会ったみたかったということもあり予定通りのルートを選択したのだった。

本当はこの辺りで一泊するつもりはあった。それはイキツケの掲示板で全国一周を表明したところ「下関に寄ったらふぐ食わせてやるぜ」というナイスガイがいたからである。ふぐと聞いたらそれは寄らないわけにはいくまい。が、実際問題としてフグマスター(仮名)の連絡先がさっぱりわからない。イキツケの掲示板で呼んでもどうにもならない。鳥取砂丘の段階でモバイルからのぞいてみたが、早朝だったので誰もおらず、その段階であきらめていた。せめてメールアドレスぐらいは聞いておくべきだった。非常に残念だ。今でも悔やまれる。

山陽自動車道に乗ったあと、美東サービスエリアで休憩をする。さすがに疲労を感じるが、まだ動ける。メールが着信していたので見る。

篠田>ネタなんでしょ?

すんません。ネタじゃないんです。俺は社交辞令を真に受けてしまったダサ男くんのような情けない気持ちに支配されつつあった。空気読めなくてごめんなさい。とほほな気持ちでとりあえず返信。

俺>本当に10時ぐらいには北九州なのでネタじゃないです

篠田>わかったー。行くー

わかってくれてありがとう。とりあえず北九州へ行こう。話はそれからだ。

夜走ると景色がまったく見えないので旅の面白さは半減する。夜のドライブ自体は好きなのだが、観光旅行としてはあまり有意義とはいえない。美東から下関まではそれほど遠くない。そして下関から門司へ渡ればもうそこは九州である。四国まではガキの頃に行ったことがあるが、九州は初めてである。そういう意味でも気持ちは高揚していた。関門橋を渡るとき思わず声を上げてしまった。午後10時。わずか30時間となる九州滞在の第一歩であった。
b0060919_4273372.jpg

[PR]
by naminos | 2004-11-29 03:33 | 連載
十三日間日本一周 drive05 2nd day カルスト
萩から湯田温泉へは国道262号を通るのがメインルートなのかもしれないが、まだ日のある時間だったので、俺は秋吉台を経由して中国山地を抜けることにした。湯田温泉まで約1時間のルートである。ここまでの道程を考えれば目と鼻の先なのである。まだまだ疲労はない。旅を楽しんでいる感覚がようやくできてきたようで、見る景色見る景色がどんなものでも楽しくなっていた。旅先でテンションが高かったので疲労を感じなかったのかもしれない。

さて、秋吉台といえばカルスト地形や鍾乳洞の秋芳洞で科学の本ではおなじみの名勝である。一度は来てみたいと思っていた。萩から国道490号で秋芳町へ向かう。近くまで来ると秋吉台にちなんだ看板が増えてくるのでよくわかる。期待に胸を膨らませながら道を急ぐと、それは突然現れた。

b0060919_2272254.jpgカルスト地形というのは石灰岩でできた山が、侵食によって削られるときに削られにくいところとそうでないところが、石灰岩の侵食が早いために差が大きくなり、石灰岩の奇岩が数多く地表にむき出しになったものである。自分でも何言ってるかよくわからないが、とにかく山の上一面に白くてでかい石灰岩がわんさかむき出しになっているという特殊地形である。図鑑などの写真でちらっと見るのと、実物を見るのとは違う。
なんとなくもっと山奥の人気のないところに広がっているものだと思っていたのだが、実際は車道からすぐのところからぐぁわーとカルストである。おいおいそんなに気軽にカルストしてていいのかよというぐらいに思いっきりカルストだ。とりあえずクルマから降りて証拠写真を撮る。
これが秋吉台。カルスト地形か。ついに現物を見たという科学的感動にしばし身を浸した。
残念ながら秋芳洞には入れなかった。確かもう営業時間を過ぎていたからだ。

感動のカルストを後にして再度湯田温泉へ向かう。秋芳からは国道435号で山口市方面へ向かう。そろそろ午後も6時になり日が暮れて来た。思ったよりも順調に湯田市街地へ入った。湯田温泉は平地の温泉街である。今までどちらかというと温泉といえば山間部という印象を勝手に持っていたので、街中にいきなり温泉街が現れるというのは少し違和感があったが、思えばそういう街も少なからずあるわけで自分の固定観念を反省した。秘湯と温泉街は同じ温泉でもまったく別ものなのであったのだ。
ところでこの湯田温泉はいわゆる温泉街なので、その客層も温泉街に行く人らである。そのための需要かわからないが、街の入り口あたりには小繁華街がある。一杯ひっかける店からじっくり飲むような店からちょっとすっきりしたいような店までちらほら見かける。平坦な道のまま温泉街に突入していくのはやはり妙な感じがしたが、旅館やホテルが立ち並ぶあたりまで来ると、やはりなるほど温泉街なのである。浴衣で散歩する人も目に付くようになった。

目的のクアハウスはメインの通りから少し脇に入ったところだった。まだ新しくきれいな建物だった。温泉や銭湯というよりはどちらかというとフィットネスクラブのような雰囲気だった。チケットを買って中に入る。フロントで入浴セットをもらう。平日だがもう夕方なのでそれなりに人がいたが、広いのであまり混んでいるという感はしなかった。もちろん混浴ではない。
浴場の内部は広く、さまざまな種類の温泉が用意されていた。露天風呂もある。といっても平地なので空しか見えないが。
しばし体を洗いアタマを洗い旅の汚れを流した。湯船にゆったりつかると思わずうぃーっと声が出る。これは気持ちがいい。旅って本当にいいもんですね。ええ。

浴場の一角にはマッサージコーナーがあった。ていうか韓国あかすりだ。2000円か3000円からいくつかコースがあった。フルコースには非常に興味があったが、いくらなんでも俺が思うようなコースである可能性は非常に低いのでチャレンジはしなかった。どうしてもって人は街の入り口まで行けばいいしねー。

ひとしきり体をリフレッシュさせたあとは休憩室でのんびり仮眠。今日はまだ先がある。
クアハウスから出るときにとりあえずメールを送った。

湯田温泉を後にして郊外のガソリンスタンドで給油を行う。もう今日は600キロ以上走っている。給油も出発してから3回目。この旅はガス代がたっぷりかかりそうだ。やはり他の経費は抑えていくほかにないな。
出発前に洗車できなかったので、クルマがかなり汚い。これからデートだというのにこれじゃよろしくないじゃないか。とりあえず軽く洗車を頼んで休憩室に入った。地方紙があったので目を通す。山口県内の記事を眺め、知らない地名ばかりを見て、だいぶ遠くへ来たのだなあと実感した。

洗車が終わる頃ケータイに先刻のメールの返事が来た。

>え?マジで来てるの?

おいおい。

つづく
b0060919_2245812.jpg

[PR]
by naminos | 2004-11-28 01:50 | 連載
J2第44節
最終戦である。
われらが横浜FCは仙台に1-1の引き分けで終わってしまったのだが、ここのところ負けなしで来ているし、待望のマシューのゴールだったのでまずまずの試合だったと甘いことを言っておく。まー1-0で勝ちかなと思っていただろうスタジアムは88分に追いつかれたのでがっかりムード満点だったろうなあと思うけどね。今年は引き分けがテーマなので、それはそれで今年を象徴するようでいいんじゃない?

最終順位は8位。10勝12敗22引き分け。
去年に比べたら格段にチームが良くなっている。試合見ていればわかることだけどね。結果にも現れているのでいいんじゃないかな。
ただ22引き分けってのがなんとも惜しくてたまらない。来年は勝ち越しできたらいいね。

気になるのはストーブリーグ。天皇杯5回戦は残っているけど、これからは選手の去就が気になるなあ。眞中兄の引退も決まったし、リティが城つれてドイツに帰るって噂もあるしねえ。力を伸ばした主力選手も、よそからオファーが来ないとも限らないわけで。非常に気になる。

さて、今年のJ2はとにかく「昇格」が焦点でありまして、すでに川崎、大宮が無条件昇格を決めているのだが、3位はどうなったのでしょうか。
結果から先に言うと福岡勝って3位。山形ラスト2試合で力尽きた。ということになった。
3-1なので最終的には総合力で決まったのかなという感じですが、福岡もまだ昇格決定ではないので大変ね。

J1年間最下位は柏とセ大阪。勝点1差。28日の最終戦で決まるんだな。
柏は大分と、セレッソは新潟と対決。柏が残留にはやや有利か?
個人的には福岡と柏が入れ替わってくれちゃうと、聖地日立台で試合ができるし関東の試合が増えてありがたいのだけどもねえ。降格するチームにとってはそんなの知ったことじゃないか。
とりあえず明日、Jリーグ最終戦なのであります。
[PR]
by naminos | 2004-11-27 23:48 | 横浜FC
Macintosh Museum
まだ買ってないのでスコアは低め。

Macintosh Museum
柴田 文彦 マックパワー編集部 / アスキー
スコア選択: ★★

久々に欲しいと思ったMac本。店頭で見かけたら買いたい
[PR]
by naminos | 2004-11-26 18:55 | ガジェット
近眼でも戦闘機パイロットになれる時代が到来
Yahoo!ニュース - 社会 - 共同通信

怖いってば。
[PR]
by naminos | 2004-11-26 18:26 | 人間観察