横浜FCと横浜FCと横浜FCとあと横浜FCなんかに関して書いたり書かなかったりします。ほかの事を書くこともあります。
by naminos
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ:思いつき( 92 )
またコメントが入らなかったので続き
土日だけで出来るバイトをやっててさらにいろいろやる中の一つでありますよ。

昔のマルチの話をいきなり出されても今のマルチの話をしているのでちょっと困惑するけど、まあ不憫なのは今に始まったことではないのでしょうがないかな。

なりかねないっていうか、そもそもマルチの目的はネットワークを広げることなので、ネットワークを広げるベクトルが働くように仕組まれているのは当然なんだけど、「溝を乗り越えた勧誘」っていうのは果たして何を行っているのか読む側で少し考えなければなんないね。

高所恐怖症の人に話のタネにはしているので、その話自体はしているんだよね。それをマルチに言い換えたときにどこまでが溝でどこからが溝の向こう側なのか、その感覚の違いがバイアスになるんだろうな。

たとえば「マルチはじめたんだよ」=「スカイダイビング始めたんだよ」はそのままイコールでいいと思う。
マルチのガイダンスはさらに踏み込んで「スカイダイビングをやるには道具が何が必要で、どこで出来て、費用がいくらぐらいかかります」って説明をして、やるかやらないか聞くところまで、なので、たぶんそのあたりがボーダーラインなんだろうな。

「興味がある人がいたら連れて行く」と言ってるのだけど、それをマルチに置き換えたときに「マルチに興味がある人にサインアップさせる」とするのか、「マルチに興味がある人にガイダンスを受けさせる」とするのか、このあたりもおそらくはコンセンサスが取れていないのだろう。

もちろん溝の場所はそれぞれ受け取る側で違うだろうから、それは聞いてみないとわからないな。
kenちゃんには最初に一度だけ聞いてみた。二度以上は聞くつもりはないのでとりあえず俺は溝を乗り越えた勧誘はしてなさそうだから推定無罪だぜ。

溝がガイダンスの向こう側にいる人とめぐり合えるかどうかが問題なんだろうなあ。
[PR]
by naminos | 2005-04-21 17:39 | 思いつき
宗教について
インチキ新興宗教をのぞく、というコメントがkenちゃんから出た。何故のぞくのか。全ての宗教はすべからくインチキであり、その違いは創立からの年月と教義の内容だけである。2000年前に考え出されたか、去年考え出されたかの違いなど微々たるものである。

ヒゲのおっさんが宙を浮くのがインチキで、ヒゲのおっさんが十字架磔のあと生き返るのが本当って思ってるわけじゃあるまいでしょ。

おそらくkenちゃんが言いたいのはその歴史によるそれら老舗宗教が持つバックボーンの有無なんだろうと思う。

が、しかし、思考停止は人類の最大の害悪である。という主張は変えられない。2000年前の価値観や1400年前の生活習慣を固持している人たちが世界中で殺し合いをしている。それは彼らが思考を停止しているからに他ならない(言いすぎ)。教えるのは知識だけでいい。知識を元に知能を鍛え、思考を行うべきである。お仕着せの思考パターンなど人生を手抜きしているだけである。手抜きをいくら蓄積しても人類に発展はない。歴史をひもとくと、あまたの偉人が人類社会を発展させてきたが、彼らはすべからく自ら思考して生き抜いてきた。しかし人類全体から見ればごく小数である。彼らは特別なのか?否。違いはごくわずかである。考える事をやめたか、やめなかったかの違いである。60億の全人類のすべての脳が思考停止に陥ることなくフル回転を続けたら、きっと地球は救われる。

今日はちょっと飲みすぎたようだ。
[PR]
by naminos | 2005-04-21 10:17 | 思いつき
自分を自分で洗脳するプログラム
いろいろ調べを進めていくにつれ、ああこのシステムは大丈夫だ。みんなでやろう。というように意識が変化する。じゃあこのシステムは大丈夫なのか?外から見たらダメっぽいのに、中に入ると大丈夫に思える。自分で調べていくうちに段々自分を洗脳してしまったのだろうか?
否定する材料を探していながら、自分の願望に都合のよいように捻じ曲げて自己解釈しているのではなかろうか?どうなんだろう?

現実だけ並べると否定される要素があまりない(ちょっとだけある)。観念的な要素のいくつかでこれは否定されている。観念的な要素は俺は魅力に感じてないので、否定に足る理由がないのである。これは肯定が前提だから生じる問題である。否定が前提である場合には、肯定だけ並べても理解はない。否定される要素をすべて否定して始めて肯定方向へ移行する。こんなストレスはクリアのしようがない。そこに適性の問題があるのである。肯定前提の人であれば、否定されるだけの要素が見つけられなければそれで良いから、入りやすい。のかな?

自分がこのシステムを肯定しているのが、洗脳によるものなのか自分の判断によるものなのか(自分ではそう思ってるけど)、判断する方法が何かないだろうか?難しいんだろうな。
[PR]
by naminos | 2005-04-21 10:04 | 思いつき
あえてマルチを否定してみる
肯定してしまっていながら無理のある行動だと思うが、とりあえず否定してみる。結構集中力が必要だなこれは。

まずね、あるネッ友が言ってたんだけど、「興味のない話を聞かされるのにセミナーで貴重な休日を潰されて迷惑だった。」という問題がある。
まったくその通りだ。自分から望んだわけじゃなくて誘ってくるからとりあえず言ってみたら入会金何十万とか言われて、そのうち5%が紹介者の懐に入ると思えば、冗談ではない。そんで俺にも誰か連れて来いなどと言語道断なんである。連れてこないと今払った入会金が回収できないからがんばってね。ふざけるな。不愉快だ帰る。当たり前である。

じゃあ入会金ゼロならいいのか。よくない。貴重な休日を浪費した分を回収しなければならないじゃないか。日給で考えて1万円ぐらいは取り戻さないとダメだ。そんで紹介したりするとそのたんびにまた時間を浪費させられるわけだから、いくら入会金無料だと言ってもそんな面倒なことができるかよ。と。儲かる儲かる言ってるけど、何人紹介したら儲かると言うんだ。9人?そんなに友達も知り合いもいねえよ。てなもんですな。

まあ以上の話は底の浅い話なので、「じゃあ誘われても行かなきゃ済んだ話じゃねえの?」てなことになる。根本的な部分は他にある。

課金と欲求と情報のベクトルがおかしいのがマルチの最大の問題なのである。

普通だと、自分が「自分特定でない情報源から得た情報=マス情報」から「自分の好み」で選んで「自分の経済状況に見合った」品物を購入する。すべてのベクトルは自分発信である。だから人は自由でいられるのである。好きなタレントがCMで勧めてくれる品物を俺の好みで使って何が悪いということだ。アイチョイスノーストレスである。

マルチは自分が得たいと思っている情報でないものがいきなり飛び込んでくる。そこにストレスがある。そして疑う。またストレスが生まれる。自分から欲しいと思ったわけでもないものが代金と引き換えに手元に残る。ストレスが生まれる。しかもその代金を取り戻す方法があると知らされる。取り戻したくなるのでストレスが生じる。しかもその商品じゃないと病気になるとか脅される。ストレスが生じる。取り戻すためには知り合いに電話をしなければならない。ストレスが生じる。知り合いに即答で断られた。ストレスが生じる。自分で望んだわけじゃないのにストレスばっかりじゃないか。マルチなんか全くクソだ。この臭いシャンプー代2000円返せ。であるな。

誕生日プレゼントを自分で選んで買ってもらうか、いきなり自分で選んでないプレゼントをもらうか。そのどちらを喜ぶかの違いなのかもしれない。

まあとにかくマルチはクソだよ。それだけは間違いない。
[PR]
by naminos | 2005-04-21 09:36 | 思いつき
長すぎてコメントに入らなかったので続き
ツッコミにそなえて少し精度を上げておく。

製品Aは製造原価1円+宣伝費2円+流通で7円=市価10円
製品Mは製造原価5円+マルチコスト15円

製品Mを一般流通させた場合、原価5円+宣伝費2円+流通コスト7円=市価14円なんだけど、4円の差では商業的に勝ち目がない。2円の宣伝コストではこの商品の優位性を説明するのが難しい。15秒CMで説明しろと言われても困るしね。
そこで、ネットワークビジネスを使って情報を広げることで市販品との優位性を「口コミ」で伝えていくわけなんだよね。で、その作業にちゃんと金を払おうと。払うからちゃんとやってくれよと。

で、マルチコスト15円というのは確かに高い。口コミコストだけなら10円でもいいわけだ。あとの5円は何か。「広めることで回収させるコスト」だと言えるわけなのだな。その辺はずるいというか狡猾なんだけど、商品だけで完結しちゃってると広まりにくいからね。少しバランスを崩すことで広がるベクトルを強める工夫なんだろうな。

それから搾取についてだけど、紹介して入会金が発生してそこからマージンって方法だと、モロにそんな感じだけど、俺の始めた方は入会金もノルマもないので、自分のダウンが買おうが買うまいがあんまり関係ない。むしろ買ってもたかが知れてる。自分の利益のために買え買え言ってもあんまり意味がない。あと会員同士で直接モノを売り買いするわけではなくて通販の斡旋に過ぎないので(売買は会社と直接。買ったポイントでボーナスを計算する)、在庫とかありえないしね。
ダウンさんに求めることがあるとすれば、「広める」ということ。買わなくていいから広めてくれと。
あなたは今必要でないかもしれない。でもあなたの知り合いや、知り合いの知り合いの中にはコレを必要としている人がいるかもしれない。だからそこまで情報を送り届けてあげて欲しい。という話に集約できる。

俺としては入会金ゼロ、セミナー費用ゼロ、タイトル保持のための購買ノルマなし。唯一かかるのは年間のデータ管理料1980円のみ。って内容だったのでやる気になったんだけどね。
俺がやろうって気になったということは果たしてどういうことなのかちょっと考えてくれたら、俺の知り合いも少しは話を聞く気になるんだろけど、そうならないところに俺の評価が見え隠れしちゃってね。その辺は元DDさんの言うとおりなんだな。
[PR]
by naminos | 2005-04-21 09:07 | 思いつき
情報の管理
俺が管理しなければならない情報は以下の通りである。

ダウンラインの情報
リクルート先の情報
製品の情報
化学に関する知識
サプリメントの知識
薬事法の知識
セミナーやガイダンスの日程

これらを踏まえた上で

独自対外セミナーの立案
ガイダンス用プログラムの作成

などを構成していくのである。つづく
[PR]
by naminos | 2005-04-19 10:43 | 思いつき
タイトルについて
ここのタイトルは今は

あんたが大将 ∞ チェーンリアクション

なんですが、「チェーンリアクション」は概ねサブタイトルです。
んで、「あんたが大将」の部分はメインタイトルのようで実は飾り。
本当のタイトルは「∞」なのであります。

読み方は「むげんだい」ではなく「インフィニティ」です。

まあ別に「波野ブログ」でいいんですけどね。ええ。
[PR]
by naminos | 2005-04-17 07:36 | 思いつき
マルチ関連本を考察する
大きく分けて2種類ある。賛辞しているものと批判しているものである。
賛辞しているのは医学博士とDTの人。批判しているのはライターさんである。
医学博士の方は明らかに後述筆記かあるいは講演のテープを起こしたものであると思われる。DTの人のは書いたものだろうと思うが薄い。
批判ライターはマルチ全般の批判本をバンバン出している人であるが、ワンソースマルチユースな感じで苦労が偲ばれる。何度も同じ取材相手が入れ替わり立ち代り登場してきていて、取材が思うようにいかなかったような印象であるな。同業だけに現場の苦労が手に取るようにわかる内容である。

そしてその両者に共通して言えることは、根拠に乏しいということ。
「だと思う」って内容が多すぎるのよ。「に違いない」とか。
そんなだから素人にツッコミ入れられたりすんのよ。プロとしてどうなのよ。そんなレベルじゃ大手メーカーのコピーライトなんかとても出来ないよ?まったくもう。

ていうか逆に言えばそんな内容でもバンバン売れるわけだから、オイシイ市場なのは間違いがない。むしろそっち方向にシフトして行ってしまってもいいかもなあ。あんな素人本が売れてるてんだからたまりませんわ。

医学博士のゴーストモノに関わったことあるけど、医学博士なんてほんといくらでも名乗れるからねえ。インチキダイエット本とか(ちゃんと本の通りにやれば痩せるのは確実なので厳密に言えばインチキではないが)ほんと内容は薄くてテキトーだったよ。俺は書いてないけどね。校了直前に校正しただけ。校了直前って知らないで思い切り真っ赤にしちゃったのであまり反映されなかったけど。

まあそんなこんなで本作りの現場を知ってるだけに、本や雑誌に書いてあるからって鵜呑みにできるほどウブじゃないのよね。
[PR]
by naminos | 2005-04-13 23:34 | 思いつき
うあおう!
Yahoo!ニュース - 共同通信 - 早大、一文と二文廃止 文化構想学部などを新設

15年ぶりに受験生に戻りたくなるトピックスだなあ。借金片付いて収入が安定したら考えてみたいと本気で考えさせられるなあ。内申書とかどうやって再発行してもらうんだろ。母校行けば対応してくれんのかな?
[PR]
by naminos | 2005-04-13 22:56 | 思いつき
マルチをたしなむ
突き詰めて考えるとマルチってのはなかなか面白い。
システムそのものと先人がやってること自体は実のところ底が浅いと判断せざるを得ないようなものではあるのだが、そこを踏まえたうえで再度検討してみるといろいろとやりようがあることが見えてくる。

人間観察という大きな命題の前にはいかなる社会現象もすべてその検体に過ぎないのであるな。今回のチャレンジを通して俺はまた非常に多くの素材と知り合うことが出来て、この点においては大きな収穫があったと言える。もう少し掘り下げて観察を続けていこうと思う。そしてまた自らも実験台としていろいろなチャレンジを行っていく所存なのであります。

とりあえず当面の研究課題は
・マルチで無くす友達と得る友達ではどちらが多いか、またその質
・マルチにハマっている人たちの分類と観察
・マルチを拒絶する人たちの分類と観察
・一般社会とマルチシステムの接点と摩擦
・洗脳のメカニズムの研究と実践、洗脳解除の方法の模索
・化学物質に関する「正しい」知識の習得
・サプリメントアドバイザー資格の取得
など

乞う御期待なのである
[PR]
by naminos | 2005-04-13 22:44 | 思いつき