横浜FCと横浜FCと横浜FCとあと横浜FCなんかに関して書いたり書かなかったりします。ほかの事を書くこともあります。
by naminos
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
長野 と 松本
俺は横浜に魂を売り払った人間なのでいまさら郷土愛もへったくれもないから客観視できるのだが、長野県において、長野人と松本人の仲は最悪に悪い。ヒステリックなほどに悪い。

長野にしてみれば松本は目の上のたんこぶみたいなもんだし、松本にしてみれば県庁があるだけでデカいつらすんなオラってなもんで、お互いに相容れる余地はないのであるな。

嘘か本当かわからないが、こんな逸話がある。

過日の長野オリンピックのことだが、長野県の商工会でオリンピックをどう盛り立てていくかという話し合いが行われていた時のこと。話も盛り上がり、方向性もだいたいまとまって今日のところはそろそろお開きになるかというところで1人挙手した。松本側の商工会の代表である。

「あのー。それで、私らは何をすればいいですかね?」

それを聞いた長野側の商工会一同は唖然としたという。
松本以南は全くオリンピックムードになってなかったわけなんですね。

もっともオリンピックってのは県単位じゃなくてあくまで市単位だと思うので、それはそれでいいのじゃないかと思うのだけど、リアクションがこれじゃ長野サイドでなくてもちょっと驚くわな。

んでまあオリンピックに合わせて長野市エリアにいろんなもんバンバン作ったもんだから、県側から松本に「そっちにもなんか作らないとなんないけど、何か欲しい?」って話が来て、そんで時の市長が「じゃあサッカー場作ってよ」ってことになって出来上がったのが例の松本平広域公園総合球技場、通称アルウィンだったりするわけなんですけどね。

んでまあ今地方からJを目指すチームがいくつもあるわけなんですが、長野県にもあります。その中で有力視(比較的ね)されているのが、長野エルザと松本山雅FCであります。上田や塩尻にJ目指すチームはあるけど、本件には関係がないので割愛します。

俺もあんまり詳しくはないんだけど、長野エルザは県内ではJ目指すチームとしては先駆けで、北信越リーグ1部常連だったり、過去の戦績では山雅を圧倒してたりと、「信州からJならまずは俺たちだ」と当然思ってるわけでありますし、県庁所在地としてのプライドなんかもその根底にはあったりするわけですし、人口レベル的に長野県に複数Jチームがあっても興行的に無理って感じもありますので、やっぱ先に上へ行きたいわけです。

一方の松本山雅FCは、昨年まで北信越でも2部リーグだったし、出ると負けって感じの弱小チームだったわけなんだけど、「アルウィンにJチームを」というちょっと面白いアプローチでJを目指すって団体が出来てそこの運営になってからガラっと空気が変わったわけなんです。Webサイトの本気度はかなりのもんですわ。下手なJチームよりよっぽどすごい。でまあ昨年から愛称が「ターミガンズ(雷鳥)」と付けられて略称「ガンズ」なんて名乗ったりでサポーター連中もヒートアップしてるわけです。昨年2部で優勝したので今年から1部へ昇格しました。

で、今シーズンそんな2チームが直接激突してさらにヒートアップするわけなんですが、今のところ体制の固め方や補強具合、ここまでの試合結果なんからすると若干松本有利かなって風向きであります。

さて。ここからが本題。ここへきてちょっとした事件がありましてただでさえ剣呑な状況がさらにおどろおどろしいことになってきそうな感じになってるんですわ。

長野エルザに石堂という選手がいまして、シーズン前はやれJからオファーが来ただのやれ熊本に呼ばれたなんて噂もあったり、エルザのイメージキャラクターとしてユニフォームモデルになったり、ていうかエルザの中心選手だったりしていた選手なんですが、ここへ来て(ってまだシーズン頭なんですが)突然よりによって松本山雅FCに移籍しちゃったんです。

そりゃあもう大騒ぎさ (c)タモリ

エルザサポからは当然「裏切り者」「許せない」という怨嗟の声が次々に上がるわけですし、ガンズ(でいいのかな)サポからは「今年はもう決まったな」とか「石堂は正しい選択をした」なんて半分浮かれたコメントがじゃんじゃんあがってくるわけでもう大変です。

ぶっちゃけ遺恨ですなこれは。あっはっは。すごいわこの演出。

ただでさえ地域レベルで仲が悪い上に、もともとサポ同士も意識しまくりで険悪なのに、そこへ来てこの事件。これは今シーズンただでは済まんですよ。血も流れるかも。うひゃー。
ちょっと注目しております。横浜の試合がないときだけね。へへ。
[PR]
by naminos | 2006-05-04 06:30 | サカー
<< 第14節 プレビューなのだ そういえば >>