横浜FCと横浜FCと横浜FCとあと横浜FCなんかに関して書いたり書かなかったりします。ほかの事を書くこともあります。
by naminos
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ジョブスを崇めていた時期もあった
ITmedia News:Apple誕生から30年――その歩み、功績と課題

彼がAppleに戻ってから10年が経ったらしい。早いものだ。
10年前といえば俺にとってパソコンと言えばMacintoshであり、MacintoshといえばPowerMac7500であった。
そしてWindowsはクソであり粗悪な模造品でしかなかった。

まあそんな腐れマカーだった俺も今ではすっかり何でもOKなノンポリストであり、都合よく両方を使い分けてOSの別なくコキ使いまくってるわけである。

スティーブ・ジョブスが復帰する前、Appleは混迷の時期にあり、CEOは日替わりと言ってもいいほど代替わりし、製品のロードマップもそのたびに書き換えられていた。
いくつもの優れた構想が露と消え、夢見た未来が幻になった。

そんな中、彼が戻ってきた。
一度は追われる様に出されたスティーブ・ジョブスだが、逆に請われて古巣へと(それも自分が作り出した古巣)戻ってきたのである。

マカーの多くが創始者の復帰を歓迎した。俺もその一人だった。

そしてiMacに困惑した。G5までは買った。
しかしiPodは買ってない。欲しくないわけじゃない。でも買っていない。
それが結果であり、嫌いじゃないジョブスに対する俺の回答かもしれない。

Appleは30年。ジョブス復帰から10年。

最近ではインテルチップの搭載という小さいが劇的な変化もあった。
そろそろ手元に置きたくなるApple製品が飛び出してくることを期待するが、どうだろうかなあ。
[PR]
by naminos | 2006-03-28 22:41 | 思い出
<< ベアブリック少し買えた アニソンの祭典だと? >>