横浜FCと横浜FCと横浜FCとあと横浜FCなんかに関して書いたり書かなかったりします。ほかの事を書くこともあります。
by naminos
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
港のヨーコヨコハマヨコスカマリノス
Doblog - FWF -フットボールは未来の兵器である- -

巷で話題沸騰のこのブログでありますが、なんつーかまあw

よく歴史的背景を知らないにわかサポはこういうこと言いたがりますね。
あ、一応あくまで一般的なにわかサポの話であって、このブロガーさんがにわかかどうかまでああっしにゃわかりかねますがね。うっひゃっひゃ。

ちょっと前なら覚えちゃいるが、そんな昔じゃちょいとわからねえなあ。

というあなたのためにプチサマリー(適当バージョン)。

日産マリノス母体が日産自動車FCでありまして、その名の通り日産の社会人クラブが発祥であります。その流れでJ発足時に日産の手により横浜マリノスとなったわけであります。生まれも育ちも日産なわけでありますな。
そんで1998年にクソANAが勝手にスポンサードを移して今は背中にANAと書かれて、名前に誰もが余計だと思っているFをつけているのですが、名実ともにそのアイデンティティは日産マリノスそのもののままであります。
つーかたまたま日産の発祥が横浜だったってだけで、日産と言えば銀座なんじゃねえの?みなとみらいに本社が移転してくるって話は聞くけどさ。
とまあ日産マリノスと横浜の関係は若干希薄でありまして、マリサポもいまや全国区ですからホームタウンにこだわっている人もあんまり見かけない。浦和とかあの辺りの熱狂ぷりからすると、仮にも何度も日本一に輝いている一流のチームとは思えない冷めっぷりも皆さん感じているそのままであります。いいじゃん全国区で。他にないよ?全国OKなチーム。日産のディーラー全国にあるんだし、日産ファンも全国に無数にいるじゃん?何が不満なのかと思うよ。

一方我らが横浜FCでありますが、あえて横浜フリューゲルスをそのルーツとして(事実上まったくその通りなのでありますがあえて)考えますが、そのルーツは横浜サッカークラブという市民球団であります。企業のクラブが発祥なのではありません。たまたま全日空の社員が多く参加していたので、全日空が援助したのがその始まりなのであります。紆余曲折がありまして横浜フリューゲルスはANAがスポンサーを降りて日産につくという暴挙&勘違いによって「名目上の消滅」を余儀なくされたわけでありますが、本来は市民球団でありますので、スポンサーが降りたなら他を探すまででありまして、ANAに勝手に決められる筋合いのものではございません。
そんなこともありましてこれもまたいろいろあったわけですが、その横浜の市民球団としてのアイデンティティをしっかりと受けついで今横浜FCとして僭越ながらも存在させていただいてあるわけであります。偽とか言われる筋合いはまったくございません。

ていうかむしろ日産が横須賀もホームにしているのなら、横浜横須賀Fマリノスにして略称横横マリノスでいいんじゃね?

だだっだっだだだだ。

あんたあの子のなんなのさ。

[PR]
by naminos | 2006-02-22 00:39 | 横浜FC
<< 横浜FCの練習試合の結果である 菅田俊 >>