横浜FCと横浜FCと横浜FCとあと横浜FCなんかに関して書いたり書かなかったりします。ほかの事を書くこともあります。
by naminos
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最近初めてガンダムを知った人の文章
Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - 機動戦士ガンダム 幅広い層に人気 シリーズ四半世紀経て

機動戦士ガンダム 幅広い層に人気 シリーズ四半世紀経て
 79年に第1作がテレビ放映されたSFアニメ「機動戦士ガンダム」シリーズが約四半世紀を経て、幅広い層の人気を集めている。過去の作品をリニューアルした映画が05年から順次公開され、“ガンダム展”も各地で開催。プラモデルやゲームなどの関連商品も息長い人気を誇る。物語の背景にある戦争の理不尽さや、現実の世界にもつながるリアリティーが共感を呼んでいる。【石田宗久】
 テレビ第1作の主人公アムロ・レイが、モビルスーツと呼ばれる全長18メートルの兵器(ガンダム)を初めて操縦する有名なシーンの立体模型が、北九州市のスペースワールドで展示されている。現在開催中の「ガンダムワールド」展は人気が高く、05年11月までの予定を2月まで延長した。東京と大阪では昨夏から冬にかけて、ガンダムにまつわる若手芸術家の作品を集めた「GUNDAM-来たるべき未来のために-」が開かれた。
 テレビシリーズはこれまで10作が制作されており、05年は2作目の「Z(ゼータ)ガンダム」(85年)が制作20周年を記念して映画化された。テレビ作品に新映像を追加して新たな解釈も加えた3部作。05年春に公開された「星を継ぐ者」のDVDは、初版20万枚を売り上げた。完結編の「機動戦士Zガンダム3-星の鼓動は愛-」が06年3月公開予定。これらの映画やDVD、関連展示会などの人気を支えるのは、第1作をリアルタイムで見た30代から、ビデオや続編の作品で知った10代まで幅広い。
 80年の発売以来、これまでに3億6000万個以上を売ったプラモデル(通称ガンプラ)は近年、発光する目や複雑な関節機構など“進化”を続け、親子2代で楽しむ人もいるキャラクター商品の定番だ。
 派手な戦闘シーンの連続に批判的な見方もあるが、「勧善懲悪」スタイルではない物語のメッセージ性の高さを評価する人は多い。上野俊哉・和光大教授(文化研究)は「政治やイデオロギーの裏にある欲望や愛憎、戦争の不条理と敵味方双方の正義や大義が正面から描かれ、今日の世界の危機的状況を考えることができる」と分析する。
 第二次世界大戦や日本の安全保障がテーマの映画「亡国のイージス」などの原作者の作家、福井晴敏さんは「エンターテインメントとしてよくできているだけでなく、テロや民族紛争など戦争のメカニズムを描いていて、現実や歴史への興味を引き寄せるきっかけになる中高生向けの参考書」と評価する。

 【ことば】機動戦士ガンダム 宇宙への移民が進んだ近未来が舞台。宇宙移民側には、植民地的支配を続ける地球連邦政府への不満が募り、地球から最も遠いスペースコロニーが独立を宣言した。穏健派の指導者ジオンを暗殺して実権を握り、独裁色を強めたザビ家が「ジオン公国」を名乗り、地球に仕掛けた独立戦争を軸に物語は展開する。
 ジオン軍の攻撃から避難中に偶然、連邦軍の新型兵器ガンダムに乗り込んだ主人公アムロ・レイが戦いを嫌悪しつつも、戦艦に乗り合わせた少年少女とともに戦火をくぐり抜けていく。


筆者コメント:今までガンダムとか全然知らなかったんですが、結構人気があるんですね。
今度甥っ子に買ってあげます。確かこんなのですよね。
b0060919_1959125.jpg
[PR]
by naminos | 2006-01-12 19:56 | 人間観察
<< 音楽評論家が聞いてあきれる ネイションギャップ >>