横浜FCと横浜FCと横浜FCとあと横浜FCなんかに関して書いたり書かなかったりします。ほかの事を書くこともあります。
by naminos
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Zero物語~おやぶんとゆかいななかまたち~ 第3回
ヘブンと呼ばれるその町は、新設されたばかりの初心者の町である。
つまりは素人は教えて君ばかりでウザイので、隔離して訓練してから世間に放り出そうという実に合理的な発想の元に作られたフルメタルジャケッティな町である。
ここで軍曹殿の訓練を生き残らなければ、廃墟の町でミッキーマウスマーチを歌うことはできない。俺は訓練に励んだ。

Zero。それがこの世界での俺の名前だ。たぶんXをもう開設していた頃なのでそっちの源氏名からとったんだろうと思う。

最初にキャラを作るときに、かがやくんから「弓がいいよ」とアドバイスをもらっていたので、素直に弓キャラを作ることにした。接近戦をしなくていいので俺に向いているような気もする。魔法使いは金がかかるらしいし、ちょうどいい。

ヘブンで木を切り矢を作り弓を打って訓練をしていたら、ついにお呼びがかかった。
俺と同時にUOを始めた黒猫っちがナミギルとのコンタクトに成功したのである。
誰か迎えに来るらしい。

俺は訓練を中断し、ヘブンから卒業のゲートをくぐり王都ブリタニアへと向かった。
それはこれから始まるゆかいな悲劇の始まりでもあったが、そんなこと俺が知る由もなかったのであった。

つづく
[PR]
by naminos | 2005-09-27 21:31 | 思い出
<< アミーゴ移籍で Zero物語~おやぶんとゆかい... >>