横浜FCと横浜FCと横浜FCとあと横浜FCなんかに関して書いたり書かなかったりします。ほかの事を書くこともあります。
by naminos
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ツーバーナー百花繚乱
キャンプ道具の王様ツーバーナー。
各社さまざまな方式でしのぎを削っているので選択肢が悩ましいほどに広い。困る。

とりあえず燃料で3つに大別すると
ガソリン式
ガス(寸胴)式
カセットガス式

正式名称は知らん。それぞれめいめい好きな名前付けててよくわからんよ。

とりあえずガスだろうなあ。手入れとか苦手なんだよね。

メインランタンがカセットガス方式なので、ツーバーナーもそれに追従するつもりだが、まあ見てみるぐらいはいいじゃないか。

今もっとも注目されているガスツーバーナーといえばやはりスノーピークの液出し方式だろう。
b0060919_2143994.jpg

値段以外に欠点なんてあるのかないのかわからん。
液出しの前のスノーピークはこれ。
b0060919_2153649.jpg

これもいいけど2万7千円はするんだなこれが。

キャンプ用ツーバーナーの主流はやはり寸胴ボンベである。このタイプのガスボンベは高いのだが、それぞれ内部に工夫がしてあって出力が最後まで下がりにくいようにしてあるのである。安物はその限りではないかもしれないが。

b0060919_216387.jpg

b0060919_2185119.jpg

b0060919_2110551.jpg

キャプテンスタッグは安物メーカーかと思いきやあんがいしっかりしたものをリリースしているのでたまに驚く。色違いか何かの仕様の違いで数種類がラインナップされているようである。

b0060919_2173937.jpg

コールマンは高いようで案外安かったりするので要チェックだ。ゼビオのレッドモデルだと8千円ぐらいで売られているのである。

b0060919_219148.jpg

ジャパーナの上級ブランドであるサウスフィールドは寸胴ボンベを採用している。8千円弱だったはずだ。こいつは世界でもっとも火力のあるツーバーナーだそうで侮れない。

b0060919_2111284.jpg

こっちはプリマス。ツーバーナー最高のモデルだと書いてあったが、何が最高かはわからない。まあプリマスなので良い物なのだろう。チーン。

とまあ寸胴ガスはいかにもキャンプ用品的でそそられるのだが、経済面ではやはりなかなか困るところもある。キャンパーたちのつぶやきをザッピングしているとやはり「カセットガスサイコー」という声がちらほら見られる。負け惜しみで言ってんじゃないとは思うがどうなんだろうなあ。

カセットガスはそんなにモデル数がないが、それなりに選択肢はある。

b0060919_21144899.jpg

まずは新富士バーナーSOTOからスリーバーナーモデルである。うーむ。スリーバーナーなんて家にもないぞ素晴らしい。ただまあ2本のボンベで3つのバーナーに供給するのでフルに使うときはまあそれなりにって感じらしい。でもマジに調理するときはいいかもしれん。

b0060919_21164593.jpg

SOTOスリーバーナーのスタンダード色モデル。

b0060919_2118399.jpg

こっちはツーバーナーモデル。筐体は共通みたいだな。

b0060919_2119845.jpg

んでこっちがSOTOツーバーナーのコンパクトモデル。一応本命。6000円を切る価格設定だったと思う。

b0060919_21192498.jpg

こいつはイワタニのフラットツイン。ボンベを本体内に収めてしまうので下にでっぱらない。通常のカセットコンロのように卓上で使うこともできる優れものだ。さすがはイワタニといったところか。

b0060919_2121245.jpg

こっちはUNIFLAMEのカセットガス機。18000円ぐらいだが、質感は素晴らしい。

他にもまだあったような気がするんだが、どこのだったかなぁ。

あった。
イワタニから2モデル
b0060919_2140133.jpg

b0060919_2140304.jpg


あと1年あるのでじっくり選んでみたいのであるよ。
[PR]
by naminos | 2005-09-01 21:23 | 冒険
<< 民主党の旗色 メインランタン >>