横浜FCと横浜FCと横浜FCとあと横浜FCなんかに関して書いたり書かなかったりします。ほかの事を書くこともあります。
by naminos
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
いよいよ焚き火台選定へ
昼休みに安タープとパイプカッターを調達したので、自動的にテーブルも確定してしまった。

残るはいよいよメインエベントに繋がる「焚き火台」である。

まあ焚き火台といっても2種類あって、
「焚き火を起こすための台」と「焚き火の上に置く台」がある。

前者は
スノーピーク製
b0060919_1914182.jpg

LOGOS製
b0060919_1912456.jpg

ユニフレーム製
b0060919_1931729.jpg

があるが、いずれも高いし、今回の主旨から外れるし、今回行くキャンプ場では必要がない。まあ応用が利くようにこれらを調達してもいいんだけど、そこまでまだ煮詰まってない。

今のところ地面を掘ってそこで火を起こし、上に台を置いて調理する計画を主としている。

後者の焚き火台は、いわゆるダッチオーブンスタンドである。

調査したところ、
コールマンの安いの
コールマンの高いの
キャプテンスタッグのスリーウェイ
LOGOSのスリーウェイ
Camping Fieldのオールマイティースタンド
などがある。

コールマンの安いのは
b0060919_18564819.jpg

こんなやつ。バッグ付属で、炭皿はなくて1800円ぐらいなので手ごろなんだが、張り出しているのが邪魔でわりと困る。鍋やフライパンのサイズが限定されてしまうのだ。

一方
b0060919_1859289.jpg

コールマンの高いのと
b0060919_1935628.jpg

スリーウェイのものは

概ねこんな形である。炭皿の位置や、コールマンのように上が開くか開かないかで個性があるぐらいだ。
コールマン6000円、他は3000円である。

そしてCampingFieldのオールマイティスタンド。
画像がないのが残念だが、鉄網に枠つけて足生やしただけの超男前な作りである。一応ハンドルがついているのが優しさである。
2500円だったかな。書いてて欲しくなったぞ。どうしよう。

あと非常に高いのだが、コールマンの前者的焚き火台もある。
これは1800円のファイヤーグリルグレートとドッキング可能で、発展が狙える進化型のモンスター焚き火台である。

でもクッキング台ではないんだなあやっぱ。どうなんだろう。

ステータスならスノーピークの焚き火台。全部揃えるとSサイズでも10000円になる。
使い勝手ならたぶんスリーウェイのどれか。コスト的には3000円ぐらいで考えるべきか。
男らしさでは断然オールマイティスタンド。なんてったってオールマイティだもの。炭皿はないが、男はそんなことを気にしない。2500円。
軽くいくならコールマンの1800円なんだけどね。安いし。バッグ付だし。うん。さてどうしたもんかなぁ。
[PR]
by naminos | 2005-08-02 19:22 | 冒険
<< 寝てる方が悪いんだけどね チェックリスト発見 >>