横浜FCと横浜FCと横浜FCとあと横浜FCなんかに関して書いたり書かなかったりします。ほかの事を書くこともあります。
by naminos
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
虚構だったと判明した記憶のストーリー6
「ねえってなによー」
「ねえってのはねえ?」
「わかんないじゃんかー」
「まあいいじゃないですか。ねえ」
「ちゃんと言おうよ」
「困ったな・・・」
「わーい困らせたー」
「ねえ?」
「言ってよ」
「あーもう。好きだったからですよ」
「えー!?」
「最初見たとき可愛いなって思いましたし」
「えー!?」
「シフト合う時交代が待ち遠しかったし」
「そーなの?」
「今思えば、ですけどね」
「あたしはさー」
「はい」
「代わってくれた日まであんまり知らなかった」
「ひでっ」
2人で笑った。
「でもさー怒ってると思ってたから」
「そうなんですか?」
「普通怒るじゃん?」
「どうなんでしょ」
「なんかちょっと気まずくてシフト外してた」
「ひでぇ!」
また笑った。
「だって無視されたらキツいじゃんかー」
「そんなことしませんよ」
「ずーっと意識してたらさ」
「はい」
「なんか好きになっちゃったかも」

この瞬間俺の心拍数は新記録を達成していたに違いない。

つづけようかかなどうしようかな
[PR]
by naminos | 2005-04-01 21:04 | 思い出
<< 虚構だったと判明した記憶のスト... 虚構だったと判明した記憶のスト... >>