横浜FCと横浜FCと横浜FCとあと横浜FCなんかに関して書いたり書かなかったりします。ほかの事を書くこともあります。
by naminos
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
虚構だったと判明した記憶のストーリー5
朝食用のものだろうかソーセージをつまみに炒めてくれた。あとスナック菓子をつまみに僕らは晩酌を始めた。

「乾杯!」
「何に乾杯?」
「んーなんにしましょ」
「二人の出会いに?」
「いいね。乾杯!」
「乾杯!」

俺は生まれて初めてビールが美味いと思った。そんですぐに真っ赤になってしまった。酔っ払うってまではいかないけどかなり上機嫌であり、それは彼女も同じであった。

「波野くんさー」
「はいぃ?」
「かのじょいんのー?」
「いねえっすよー」
「なんでいないの。」
「なんで言われても・・・」
「すきな子いんのー?」
脳裏に同じ高校の子が一瞬浮かんだが一瞬で消えた。
「いねえっすよー」
「なんでいないの。」
「なんで言われても・・・」
彼女はケラケラ笑った。この笑顔は凶器だ。俺はもう完全に串刺しにされていた。

「ねーさんはカレシとかはどうなんです」
「波野くん。彼氏いる女は他の男を部屋に上げちゃいけないんよ?」
「なるほど」
「彼女いる男は他の女を部屋に上げちゃいけないんだよ?」
「えーっと。もう酔ってます?」
「酔ってる」
「ありがとね」
「なにがです」
「カレー食べてくれて」
「お礼を言うのは俺の方だと・・・」
「ありがとね」
「なにがです」
「バイト代わってくれてさ。やさしいよねー」
「あれはまあその別に優しいとかじゃなくて、ねえ?」

彼女は結構メートルが上がっていた。
俺ももう少しメートルを上げたくてビールを飲んだ。

つづいちゃうよ?
[PR]
by naminos | 2005-04-01 20:43 | 思い出
<< 虚構だったと判明した記憶のスト... 虚構だったと判明した記憶のスト... >>