横浜FCと横浜FCと横浜FCとあと横浜FCなんかに関して書いたり書かなかったりします。ほかの事を書くこともあります。
by naminos
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
第2戦 VS山形 詳細
やっと帰ってきたので詳しいレポートをしましょう。いやさせてください。させろ。いいだろ?な?ちょっとだけだからさ。さきっぽだけ。ねね?ね?

今回は珍しくキックオフ前に会場入り。いや別に遅れたくて遅れてるわけじゃないんだけど、いつもいろいろトラブルがあってね。今回は30分ほど前に入場。5000名限定チアリングペーパーと開幕記念セットをゲット。そして即刻イヤーブックと新ユニを購入した。
今年の新ユニは横浜FC初のオーセンティックで、シリアルナンバーも入ってる。思わずにやっとしてしまう。ていうか生地全体にロゴがプリントされていてカッチョイイ。ブルーフェニックスのワッペンも素晴らしい。

普段はバックスタンドが定位置だったのだけど、今度からはゴール裏に移住することにした。でも知り合いがいるわけでもなく単独行動なのでなかなか奥のほうへは行きにくいものだ。少し脇のあたりに陣取った。まあそのうちもっと奥のほうへいくことにしよう。歌詞のチラシを配っていたのでもらった。今年はなんだかサポーター連中の気合を感じるなあ。俺も気合入ってるのでみんなそうなんだろう。

いよいよ選手入場。チアペーパーを掲げる。北のマスゲームとかPLの高校生にはかなわないが、結構それなりに青くなるのでまずまずである。全部で4500人ぐらいなのでそんなに密度が高いわけないから贅沢を言ってはいけない。そのうちもっと増えるだろう。

選手が出揃ったところで17番北村がいないことに気づく。あれ?なんでダメなんだっけ?怪我?イエロー累積?事前情報がないのでわからなかったが、ベンチにもいない。そんなに不調ではないと思うので何かあったのだろう。代わりにシルビオが前にいる。ていうかジェフェルソンもいないじゃんよ。まああれはまだ調子がきついのでしょうがない。

とりあえず試合開始。山形に先制されるも後半追いついて引き分け。

山形はイエロー多かったなあ。あと今年から横浜→山形に移籍した臼井がいい動き見せててやっぱ惜しいわよ。確かアシストも決めてたはず(間に1人いたかも)。なんどもピンチになった。

さて寸評。とりあえず北村が戻ってくれないことにはどうにならない。シルビオはやはりあんなに前ではなく、もっと後ろが正解だと思う。シルビオの動きはやはり非凡で素晴らしかったし、何度も見せ場があったのだけど、シルビオまでボールを出せるプレイヤーが足りない。城も結局トップに専念できないまま終わってしまった。だからやっぱり基点をシルビオと考えて組み立ててほしいのである。トゥイード&山尾からボランチ位置のシルビオに渡し、そこから内田か北村を経由して城へ。これを基本として内田とシルビオをダブルボランチにして、北村と大友を左右で使い分け、城の包囲網を緩和させて押し上げて欲しいんだなあ。前回内田下げすぎだったのが、今回はトップ下ぐらいになってて、これはよく機能してたと思う。ただし、DFと内田の間がまだなかったのでそこでインターセプトされまくり。ここにシルビオがいたらじゃんじゃん前線にボールが行ってたことは間違いない。大友がサイドからオーバーラップをしかけるシーンが多かったのだけど、いかんせんオーバーラップを始める位置が低すぎて間が持たず押し出されたり囲まれておしまいになってしまっている。シルビオをボランチにして攻めの基点にすることで、全体がもっと敵サイドで展開することになり、攻撃開始からゴールまでの時間をもっと短縮できるのではないだろうか。
とにかく現状ではボールを奪ってからエンドラインへ到達するまでの時間がかかりすぎだ。これでは点にならない。苦し紛れのシュートがキーパーの前に行くだけなのである。時間がかかるからDFに固められて、横へボールを回すしかなくなってそのうち囲まれてしまうのだ。
あと、選手が止まりすぎる。もっと動け。

それでもまあ先週の試合に比べたら格段によかったのは事実。次節に期待したい。

イヤーブックを詳しく読むと、監督自身は今年の昇格はあまり意識してないようだ。それよりチームとしての自力を高めることを中心に考えているようで、それはそれで否定しきれないことではある。確かに今年はJ1降格チームが無いので、昇格するには一番楽な年なんだろうと思う。だから今年は勝たなきゃならない、のだけど、いろいろ考えると、そればかりでもいけないんだなあと言う気になってくる。たぶん今年このまま無理に2位になって昇格しても再来年はまたJ2に戻ることになると思う。地力が足りないからだ。
しかし今年はじっくりチーム力を高めることを中心に考えて成長を重ねていった場合、今年5位でも来年はJ1降格チームを退けてでも昇格が可能になるだろう。そしてそうやって昇格した場合、翌年かた当分の間J1のチームに名を連ねられる可能性が高いんじゃないかなってそんな気がしてきた。
でもまあ俺も含めてそんなに悠長なことは言ってられないので、じゃんじゃん勝ってさっさと昇格してもらいたいと節に願うしだいなのであります。

にしても三ツ沢は駅から遠いわよ。バスは時間読めないし。
[PR]
by naminos | 2005-03-13 23:59 | 横浜FC
<< 確かにうらやましいが 開幕グッズ >>