横浜FCと横浜FCと横浜FCとあと横浜FCなんかに関して書いたり書かなかったりします。ほかの事を書くこともあります。
by naminos
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
すべて揃った
SCの件なんですがね。昼過ぎにすべての要素が揃ったので早速実験。
事情により画像関係はアレなんでトークだけでいろいろ推測憶測邪推して楽しんでください。
パッケージは日本語レスで漢字を中心に少し英文字がちりばめられて前衛的な図やイラストで彩られている。いかにも輸入品という風情なんであります。
SC本体は非常にチャチでパッケージ以上に素晴らしく大陸ムードが漂っています。梱包用のトレイから取るときにプラ部分がぱっくり割れました。内部には影響はないですが、CFソケットのピンがなんかあんまりそろってない感じの工作精度で、俺のドキドキ感をいやがおうにも高めてくれます。上面にはなんだかセンスがいいんだか悪いんだか判断のしようのないラベルが無造作に貼り付けられています。
さっそく512MBのCFをスロットに差し込んで見ました。硬い?とおもったらどうもおかしい。とりあえずパッカンと開いてみたらソケットの脇のパーツが割れている。ありゃりゃ?と思ったらどうやらCFを裏表逆に差し込んでしまったようで、無理が出たらしい。慌てて引き抜いてひっくり返して指し直したらわりとすんなり刺さりました。
付属のCD-ROMからデモ用のファイルをCFにコピーして、GBAに差込み起動。ちょろりーんの起動画面のあと見慣れない非常に怪しいフォントの画面が。ムービーファイル名が出ているので選択して再生する。
するとなにやら画質の悪い海岸の様子が再生されたじゃないですか!すごいよ!なんだよこれ!面白いよ!
興奮さめやらぬまま実験は次の段階へ。
CD-ROMから専用の変換アプリをインストールする。そこに先日とあるルートから入手済みのファイルをかけてみる。変換後書き出されたものをCFにコピーして再びSCへ入れて起動。例のファイル一覧に今入れたファイルが追加されているので選択して起動させる。
すると見慣れたオープニング画面がちょっとノイズ交じりに表示されたじゃないか!すごいよ!なんだよこれ!おもしろいよ!
さてとりあえず今日の実験はここまで。次回はMP3の再生と昔の家庭用の機種の例のファイルを使ってみれるかどうか実験します。
[PR]
by naminos | 2005-03-10 19:13 | 暴走機関車
<< はんにんはヤス はぁ?罰則? >>