横浜FCと横浜FCと横浜FCとあと横浜FCなんかに関して書いたり書かなかったりします。ほかの事を書くこともあります。
by naminos
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
惨敗を語る(半ギレ)
ようやく自宅に帰れたので満を持して開幕戦についてトークをぶちまけたいと思う。タイトルは「惨敗を語る」であるが、こんなものは本当にこれっきりにしたいと思うが、どうかなぁ。頼むよ。

とにかく酷い試合だったとまず言いたい。2失点とか無得点とか先制されたとかそういう当たり前の酷さはとりあえずおいておいて、何がひどいってさ、見てて点が入る気がまったくしないってのがひどい。2点先制された後だってあと何点入れられるのか心配になるような状態なのよピッチは。
湘南の動きがすばらしく良かったのも、こちらの悪さと対照的で見ているのが苦痛だった。
こんな状態で勝とうなんてサッカーの神様に失礼だ。話になってない。
そりゃ選手もがんばってるんだろうとは思うんだけど、去年の最終戦と同じチームとは思えない乱れっぷり。臼井とマシューが抜けたから?監督が変わったから?どうなん?

北村はとりあえず先シーズン並に動いてた。前半切り込むシーンが少なからずあって期待してたけど、後半は目立たなくなってたなあ。
内田のポジションがなんか違和感あった。下がりすぎ?
城はとにかく常に3人に押さえ込まれてボールキープがやっと。これではどうにもならない。
山尾とトィードの連携がまるでなってない。というかディフェンスラインが無いも同然。誰がコントロールしてんのよ。

で、問題なのはジェフェルソン。何がしたいのかさっぱりわからないポジショニング。スローな動き。不正確なボールコントロール。帰れ。

選手の交代も後半になってかなりのんびりと2人出したんだけど、まったく意味不明。あんな状態なら前半20分ぐらいで思い切って2人替えてもいと思う。というか替えるべき。替えろよ。

とにかくとても開幕戦とは思えないひどさだったのであります。全然調整が間に合ってない。フィジカル面での強化はみっちりやったらしいのだが、こんなフォーメーションではそんな体力は宝の持ち腐れである。来週の三ツ沢も行くからそれまでになんとかしといてくれ。マジで。

そんなひどい試合ではあったけど、1つだけ明るい話題がある。それは新外人シルビオ。トリニダート・トバゴの代表だという彼は後半40分ごろ投入されたのだが、なかなか非凡な動きを見せてくれた。一瞬「んじゃそら!」と叫んでしまったパスミスかと思えるパスがあったのだが、次の瞬間「ああ!」と驚かされた。そのパスは驚くべき精度で見事なスルーパスになったのである。それだけじゃない。たった5分だったが動きがすばらしかった。ポジショニングが絶妙である。どういうわけか彼がボールを受け取るとき、彼が動くエリアが大きく開いているのである。ノーマークだから?城に3人ついているから?そうかもしれない。しかし、他の選手には出来なかったことが彼に出来ていたことは非常に明るい話題なのだ。
もちろんたったの5分で素人の俺に何がわかるのかと言えば、そりゃ何もわからんのかもしれないというか何もわかってないんだけど、現場でこの目で見て、シルビオには期待したいと思った。というかすがりたい。助けてください。お願いします。

シルビオを基点に内田、北村がパスを受け、最終ラインの城へ送り込むホットラインが確立されれば、来年は別の18チームの一員になれるかもしれない。
とにかく今の我々には勝ちパターンが必要なのだ。必殺技が必要なのだ。
今のままでは去年の成績も狙えない。今の状態は244超攻撃式時代以下なのであるよ!少なくとも開幕戦は間違いなくそう言える。断言できる。

最後に。どうしても菅野じゃないとならない理由ってまだあんの?
[PR]
by naminos | 2005-03-07 01:58 | 横浜FC
<< 日本のロケットの現状 焼きあさり&焼きハマグリ >>