横浜FCと横浜FCと横浜FCとあと横浜FCなんかに関して書いたり書かなかったりします。ほかの事を書くこともあります。
by naminos
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今朝とくダネ!でも言ってたんだけどね
ちょっと前のアンケート調査で今のガキどもが科学的なことをちっとも知らないって話題があって、えーマジでー?ヤバいじゃん日本!って論調で問題視してたんだけど覚えているだろうか。俺は覚えていた。
この調査を発表した(んだっけか)国立天文台の縣助教授は以前一緒に仕事したりしてて向こうは覚えていないかもしれないが、俺はちょっとファンなのだ。科学教育の重要性をよく認識してて、当時の俺の本作りにも多大なるご支援を賜ったわけなのであってそんな関係からだ。

んで、件のアンケート結果の発表以降、縣先生のところにひっきりなしに問い合わせの電話がかけられまくるという事態になっていたのだと小倉キャスターが言っていた。みんなやっぱり危機感あったんだよね。

で、それとは別に、アンケートの結果の読み取り方に逆の意見もあるということを言っていた。アンケートでは4割の子供たちが天動説を信じている(?)というものだったのだが、それを見て俺も含め世間は大変だコレはと騒いだのだが、逆に言えば6割は地動説を認識しているということになる。
実は今の小学校では天体の動きについて教えていないらしい。にもかかわらず6割の児童が地動説をわかっているというのは実は驚くべき結果だったというのだ。それもそのはず。きちんと教育を受けていなければ、天体は地球の周りを回っているように「感じる」ものなのだ。地面が動くなどという認識を、誰からも教えてもらわずに理解することなどコペルニクスでもなければ無理なのである。
つまり、学校で教えていなくても6割の児童がなんらかの方法で地動説を教わり、理解し、認識しているということになる。これは驚くべきことだと言うのである。なるほどそういう見方もあるのだなあと思った。

ていうか教えれば済むんだからもっといろいろ教えとけってことなんだけどね。ゆとり教育じゃだめだってみんな思ってるから、学校外でどんどん教えていくように世の中は動いているのだろうと思う。だから上記の6割の子達と4割の子達とでは他のことでもいろいろ条件が違ってくるだろう。どうか4割の子供たちを助けてあげて欲しい。そのための学校であるはずなのだから。
[PR]
by naminos | 2005-01-25 13:26 | 家庭の科学
<< 振り込め恐喝? PSP使用事例 >>