横浜FCと横浜FCと横浜FCとあと横浜FCなんかに関して書いたり書かなかったりします。ほかの事を書くこともあります。
by naminos
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
十三日間日本一周 drive13 3rd day 桜島エクスプレス
15:40 阿蘇山上駐車場を出発
ナビの計算では到着時間が19時半過ぎだ。話にならん。この時期だとたぶん日没が18時ごろだからそれまでには桜島が見えるところまで行ってないとダメだ。
とりあえず急いで阿蘇を降りる。一般道では時間が稼げない。高速でどこまで短縮できるかが勝負になるだろう。だが、少しでも時間を稼いでおきたいのも事実。熊本あたりで渋滞などしていたらもうどうしようもない。まったく交通事情がわからないのも痛い。VICSは載っているが、果たしてどこまであてになるものか。
ありがたいことに熊本ICまでかなりスムーズに来れた。これならイケるかもしれない。

九州自動車道は本州と接続する門司から鹿児島まで続く、まさに九州の脊髄である。
熊本はちょうどその中ほどに位置するわけなのだが、熊本ICから鹿児島ICまで170kmほどある。残り時間から考えると少々厳しい感じだが、幸い高速道路上は空いていて空き放題走れそうだ。周囲に注意しながら徐々にペースをあげていく。
いい感じのペースで走っていると到着予定時間が徐々に早くなってきた。このまま行けたらなんとかなりそうだ。八代、人吉、えびのと抜け、えびのJCTで宮崎自動車道と分岐する。俺はひたすらペースを上げ続ける。陽はいよいよ傾きはじめ、目標までの到達は微妙な感じだ。もともと間に合わないところをなんとか間に合いそうなところまでがんばってきたが、少し間に合わない感じになってきた。思ったよりも日没時間が早そうだ。とりあえず桜島が見られればそれでいいのだが、どの辺から見えるのかよくわからないのが問題だ。見えるところを探さなければならないのだろうか。そんな時間はあるのか?

いつのまにか結構ヤバいペースで走っていることに気づき、少し落とす。こんなペースで見つかったらそれこそ旅自体をリタイヤしなきゃならないくなる。北日本行きに備えてスタッドレスタイヤのままなのでロードノイズも相当なものだ。少し暗くなり始めてきたが、天気がいいので視界は悪くない。

鹿児島空港を過ぎた。そろそろ見えるだろうか?高速から見えるとありがたいのだが防音壁があるとまず見られないだろう。ふと、ナビを見ると「桜島SA」というのが見えた。鹿児島ICよりだいぶ手前だ。加治木からすぐ、湾の向かい側ぐらいだ。桜島というからには桜島が見えなければうそだ。と思うが、どうだろうか・・・。俺は一か八かその桜島SAに飛び込んだ。

桜島SAからは海が見えた。肝心の桜島は?駐車場からは見えないが。もうだいぶ陽が傾いている。もう10数分もすれば急に暗くなるだろう。ここで見えなければ目標は達成できず、鹿児島で1泊ということになるだろう。それはそれでいいが、この先どのぐらい時間がかかるかわからない以上はできるだけ先を急ぎたい。
カメラを持ってSA施設へ向かう。

建物の中ほどがすっぽり空けてあり、オープンスペースの休憩所になっている。
そこから桜島が正面に見えた。間違いない。見覚えのある島影だ。案内板もある。
間に合ったので記念撮影。
b0060919_7224260.jpg

トイレを済ませ、この後どうするか考える。とりあえず鹿児島へは行こう。焼酎を買わなければならない。なぜなら鹿児島だからだ。Umasukiにメールをして焼酎のことを聞く。「森以蔵」と返信があった。しかしこれはレアなので、なければ魔王とも言っている。ふむ。とりあえず市内にいくしかないだろう。
b0060919_7234949.jpg

桜島SAを出るともう陽が暮れてきた。鹿児島ICに着く頃にはすっかり薄暗くなってしまっていた。あと全然桜島見えないし。やっぱSAで見て正解だった。
鹿児島ICを出るといきなり渋滞。長崎と似たような状況にうんざり。九州は土地開発が下手なのかそれとも人口の増加、都市の発展に、開発力がおいついてないのか。あるいは開発しにくい土地にばかり街があるのか。
高速から最初のトンネルと抜けると渋滞は解消し、市内はスムーズだった。
18:30鹿児島市内到着

さて焼酎探しだ。時間は1時間程度。急ごう。

つづく
b0060919_7222115.jpg

[PR]
by naminos | 2004-12-19 07:07 | 連載
<< やってること自体はアメリカ人ら... おいしい市場に安価な製品が参入... >>