横浜FCと横浜FCと横浜FCとあと横浜FCなんかに関して書いたり書かなかったりします。ほかの事を書くこともあります。
by naminos
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
十三日間日本一周 drive10 3rd day 長崎は
福岡都市高速の千代インターから上がり、ひとまず九州自動車道へ向かう。太宰府で九州自動車道本流と合流した。通勤時間帯なのでそれなりに交通量はあるが、渋滞まではいたらず流れは悪くない。鳥栖ジャンクションで九州自動車道から離れ、長崎自動車道へ入る。

次々に現れる見慣れない地名を見ていて思ったのだが、九州の地名は当て字っぽいものが多いように思う。久留米、夜須、脊振、多久などなんとなく万葉仮名っぽいのが多い。これは漢字が日本に入って来る前から地名があったということなのだろうか。そんなことからも歴史の古さを感じさせられた。

9時30分。金立SAにて休憩。篠田嬢にメールしたりしてみる。給油も行う。もう何回目の給油か忘れてしまった。多い日は1日に2回給油を行っているので、ガス代は相当なものになるだろうな。旅費の大半はガス代と高速代フェリー代になるだろう。

高速からは山や田畑しか見えないので、あまり現地の様子がわからない。山陰は高速がなかったが、その分町並みをたっぷり楽しめたように思う。しかし、地形もそれなりに地域性があるので見方によっては面白い。福岡周辺は比較的平地が多かったのだが、長崎に近づくにつれ起伏が大きい地形に移り変わっていった。もっとも高速道路は山際に作られることが多いのでそう感じているだけかもしれないが。

大村湾が見える(ゴメン。見えてないかも)と、長崎も近い。諫早、多良見からバイパスに出た辺りで大失敗をしてしまった。そのまま長崎市内に出るつもりが、時津方面へのバイパスに乗ってしまったのだ。あわてて降りて戻ろうとするが、戻る道はおろかUターンする場所も見当たらない。道が狭く交通量も多いため身動きが非常にしにくい。店も家もわき道もなかなかみつからずただ流されるように先に進まされてしまった。15分ほども走ってようやくUターンし、もと来た道を戻り、通行料を余分に払わされ川平からトンネルを抜けて長崎市街地へ向かった。


b0060919_10523578.jpgトンネルを抜けるとそこは谷間なのだが、すでに市街地だった。山間部からいきなり市街地に飛び出したので驚いた。普通はそんな山あいから抜けると、まずは遠くに市街地が見えるような郊外に出るものだ。だが、長崎には郊外はなく、平地になる前に山あいからすでに市街地になっていた。つまり谷を形成している両斜面に住宅街がへばりついているのである。
b0060919_10513015.jpg「長崎には坂が多い」と聞いていたが、それはつまり起伏の激しい地形にむりやり街を作ったので坂だらけだったということなのだ。百聞は一見に如かずとはよく言ったもので、なんとなくしかなかった長崎という街の雰囲気が急激にリアルなものになっていった。原子爆弾が落とされたとき、長崎はその地形から被害が増大したらしいと読んだことがあったが、なるほどこんな狭い谷あいから入り江につながる街にそんなものを落としたらエネルギーが集中してしまうというのはわかる話だ。そのぐらい長崎は極端な地形なのである。もちろん地形としては珍しいものではない。横浜から横須賀へ行くあたりにも、このような起伏の激しい地形はある。が、そこには長崎ほどの都市はない。横浜の市街地は平地であるし、横須賀も多少山際であっても、おおむね平地の街だ。こんな小さな入り江にこれだけの街が配置されているのはなかなか興味深かった。長崎に路面電車があるもの始めて知った。

が、バイパスを出たあたりからずっと渋滞。俺が谷あいの街並みを観察している間、ほとんど進んでいない。どうなってんだこれは。時間はすでに10時半。
長崎では亀山社中の跡地とかめがね橋とかオランダ坂とかいろいろ見ようかなと思っていたのだが、考えたらこのまま市内に突入したところでそれらを全部見ている余裕はない。ないなあ。中途半端だなあ。
有明フェリーの出航時間は12時25分。その次の便はは確か2時過ぎだった気がする。

谷を抜けて最初の交差点を曲がったあたりで、俺はUターンをした。結局長崎ではUターンばかりだったが、長崎ならまた来るだろう。見切りをつけて先へ進むことにした。戻りはしたものの、川平までまた渋滞の中を進むことになった。長崎は坂と渋滞の街なのだった。

b0060919_10492099.jpg

[PR]
by naminos | 2004-12-05 08:47 | 連載
<< J2の新顔は大塚&草津 監督リトバルスキー 契約期間満... >>